予実管理の効率化・高度化実践ブログ

もっと業績管理業務の生産性を上げたい人のためのリアルなノウハウ

予実管理とは

 

 

f:id:suginami_freelance:20180926080256j:plain

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業績管理業務の生産性を上げるためのブログ

世界TOP10の販売経験に基づくリアルな本音

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“杉並区のフリーランス” のプロフィール

https://tinyurl.com/yafhbhjz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、“杉並区のフリーランス”です。

本日も、予実管理や予算管理に役立つ

情報についてお知らせいたします。

 

<本日の内容>

 

■■コラム  

予実管理とは

 

■■編集後記 

ヘッドハンター

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■コラム 予実管理とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ここで、

あらためて予実管理とは?

という「定義」を確認しておきたいと

思います。

 

文字からすると

予算と実績の管理、

となりますが

正式な定義を確認しておくと、

 

・定義1

 

管理会計とは、

組織内部の経営管理

会計情報を提供するための

会計

 

尚、予実管理は会計的に、

管理会計に分類されますので

管理会計の定義を引用

 

・定義2

 

外部関係者ではなく、

経営者・管理者などの

企業の内部関係者に対して、

経営管理や意思決定のための

報告を目的とするもの 

 

ということだそうです。

分かりづらかったので

2つ記載しました。

 

 

と、ここまでだけだと

会計の本の単なる転記に

なってしまうので、

続けて

日米の予算の立て方の

特徴的な違い

について言及してみたいと思います。

 

まず予算編成において、

日本は合意形成に時間をかけ、

 

「なぜこの予算数値になるのか?

(過去→現在)」

 

具体例)

3年間の過去のトレンドから、売上が

これくらいになる

 

というように過去から現在に向かう

時間軸でたてられることが多いですが

 

米国は

 

「この予算を達成するために、

どのような手段を講じるか

(将来→現在)」

 

具体例)

年間●●万達成するために、

▲▲件の見込み創出をし、

そのコンバージョンレートは

■■%。

その実施手段として

プランAとプランBを

実施し、そのためのコストは…

 

という

未来から逆算して

考えること

に非常に時間を割く

傾向があります。

 

 

この違いがどう影響してくるかと

いうと、

 

日本の予算作成管理者に実際に

 

「この予算値って、本当に達成

 できるのですか?」

 

と質問すると、

 

「将来のことですし、

 ぶっちゃけわかりません笑

 

と答えが返ってくる傾向がありますが、

 

米国の担当者に同じ質問をすると、

 

なぜその数値になるのか、

そのロジックシナリオが割と

明確に返ってきます。

 

 

この日米の担当者の違いが、

実は予実管理の仕組み化(システム化)

に露骨に

「ニーズの違い」として表れてきます。

 

(次回に続く:

日本とアメリカのマーケティング

ニーズの違い)

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記 ヘッドハンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

最近、江口洋介さん主演の

ヘッドハンターを見てます。

 

経済系のドラマで、

一見悪役に見える

主人公が実はカッコいい

ビジネスマン、という

感じがハゲタカ(真山仁

っぽくて1話から4話まで

ズンズンと進んで

観てしまいました。

 

各回最後に次の話が気になる

「伏線」があり興味が

そそられます。

 

 

 

PS.

 

 

直近で以下のテーマの記事掲載を

考えています。

 

(1)   なぜ予実管理システムは、

「使えば業績が上がる」といえない

 

(2)   業績見通しの精度があがると、

会社にとって良い、

と論理的に説明すると?

 

(3)   注意したいベンダーの特徴リスト

 

(4)   業績管理業務を高度化する場合の

フレームワーク

 

(5)   予実管理システムを導入するに

あたり、どうやって稟議を通すか

 

(6)   予実管理が高度化された先進企業

ケーススタディ

 

(7)   SFAツールでは、なぜ業績管理

が出来ないか

 

(8)   業種別KPIサンプル

 

(9)  予実管理システム化における

 RFIRFP作成用のテンプレート

 

 

etc..

 

内容によっては、

一般公表せずにレポート形式にして

特定の方にだけ配信するかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号も閲覧いただきありがとうございました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行人: 

世界TOP10の販売経験を持つ

杉並区のフリーランス

https://tinyurl.com/yafhbhjz

 

ビジョンは、信頼と尊敬をお互いに持てる

関係でビジネスを行い、

成長し続けること

 

Twitter

⇒ https://twitter.com/BCsuginami

 

facebook

⇒ https://tinyurl.com/ybbjmlnw

 

LINE

⇒ https://bit.ly/2DqusjF

 

LINE ID

⇒ @rah1010r

(LINEでID検索すると出てきます)

 

メルマガ

⇒ https://tinyurl.com/y7duvucg

 

このブログでは、

ビジネスにおいて販売者と購買者の

情報格差が大きく、

有益な情報を欲していて

お困りの方に役に立つ情報を

お伝えしています。

 

>人気ブログランキング