予実管理の効率化・高度化実践ブログ

もっと業績管理業務の生産性を上げたい人のためのリアルなノウハウ

導入事例はあてにならない…後編

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業績管理業務の生産性を上げるためのブログ

世界Top10の販売実績に基づくリアルな本音

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“杉並区のフリーランス” -プロフィール

https://tinyurl.com/yafhbhjz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、“杉並区のフリーランス”です。

本日も、予実管理や予算管理に役立つ

情報についてお知らせいたします。

 

<本日の内容>

■■コラム  

導入事例はあてにならない(後編)

■■編集後記 

起業の本に書いてあるノウハウ

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■コラム 

導入事例はあてにならない(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

前回の記事導入事例はあてにならない…前編

のまずはおさらいです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●なぜ導入事例はあてにならないか

 

(1)

導入効果がきちんと出た事例でなく、

将来への願望事例が多い

 

(2)

業務改善の要望が高い企業ほど、

実態を世間に公開しづらく、

本当のニーズに言及した事例は少ない

 

(3)

製品に満足し、製品のファンだから

事例公開に賛同したかどうかがポイント

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では、導入情報は使えないかというと

そうではありません。

 

逆に、そのような事情を利用して

攻めの姿勢で

“つっこみ”

を入れれば良いのです。

 

 

 ●導入事例の有効な見方

 

(1)    

製品導入後、1年以上経過した情報か

確認する

 

→導入した時期と、インタビューした時期

 を確認し、製品導入後しばらく経った後

 の効果が記載されているか確認する

 

→事例と現在に時間差があるのであれば、

 現在どれくらいの効果が出ているか

 ヒアリングする

 

→導入後1年以上経ち、ユーザ参加イベント

に登壇しているか、などを確認する

(逆に、1年経たないで参加していれば、

ベンダーにお願いされて出演しているため

本当の製品のファンとは限らない

ケースが多い

※イベントに参加して聞けばわかります…)

 

(2)    

導入効果がきちんと実績(または根拠)

をもって語られているか確認する

 

→実際にシステム導入前後で比較した際の

 定量的な情報があるか確認する

 

(3)

システム導入に至った経緯の因果関係の

論理が明確か判断する

 

→本当の実態が書きづらいのであれば、

 せめて、プロジェクト自体の実施意義や

 その論理を明確に書かれているかを確認

 

→なぜ予実管理の仕組み化を“しなければ”

 いけなかったのか、またその仕組み化は

 どのようなアプローチで行ったか、を

 確認

 

→効率化したかった⇒効率化しました、

 では、他の会社にも応用できる、

 再現性のある話ではない

 

 

●導入事例への対策

 

(1)  

どういうレベルで本当に使っているか

深堀りする

 

→全社的に使っているのか、

 PLだけでなく、BSやCF

 までやっているのかなど

 適用範囲が明確になるように

 ベンダーに質問する

 

→適用範囲に必要な機能が

 盛り込まれているのか

 質問する

 

例)

人員計画、設備投資計画も

きちんと実装しているのか。

 

→本社費配賦に必要な配賦機能や

 設備投資の減価償却計算に

 必要な定率法、定額法が

 機能としてあるか、

 1次配賦、2次配賦などの

 段階配賦が可能か、…etc

 

※予算編成や予算管理に必要な

 機能についてはRFPRFI関連

 の記事で別途記載します。

 

(2)  

導入効果を具体化する

 

→効果がある、といってきたら

 それはどのような測定方法で

 算出したのか、追及する

 

→そのROIロジックは、

 自社でも再現可能ロジックか、

 あるいは妥当なロジックか確認する

 

(3)  

導入企業の担当者の紹介をベンダーに

依頼する

 

→「そんなに満足度が高いなら、

  その方是非紹介頂けませんか?」

 とベンダーにいってみる

 

→ポイントは、本当に紹介してもらう

 のが重要ではなく、

 それを言った際のベンダーの反応です。

 はっきりいって、渋った反応をしたら、

 参考にならないと判断してください。

 プロジェクト満足度が高くない証拠

 のリアクションです。

 

→本当にプロジェクトの満足度も高く、

 ユーザの方と関係を築けていれば

 なんとか調整できるものですよ。

 逆にユーザ側の視点に立つと、

 経営管理部などは他の会社との繋がりが

 ないために交流機会には前向きな

 ケースも多いです。

 (※もちろん、時期によってお忙しい

   時期もあると思いますが)

 

以上、導入事例の有効な活用方法について

でした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記 

起業の本に書いてあるノウハウ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

なぜ、事例掲載にベンダーは積極的か

というと、事例が無い製品など誰も

使いたくないというお客様が多い

からです。

 

ですので、起業の本などに

 

「タダでサービスをつかってもらう

 かわりに、“ユーザの声”に載ってください!

 と頼め

 

というノウハウが書いてあるくらいです。

 

ただし、サービス業であればそれでも

良いかもしれませんがある程度の

製品機能が求められる予実管理では

スタートアップ事例は

参考になりづらい気が、

個人的にはします。

 

もしその場合には、

おそらく未来系の事例しか作れないはず

なので、上記記事を参考にしてみて

頂ければと思います。

 

(次回:SFAで予実管理ができない理由)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号も閲覧いただきありがとうございました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行人: 

世界TOP10の販売実績を持つ

杉並区のフリーランス

 

https://tinyurl.com/yafhbhjz

 

ビジョンは、信頼と尊敬を

お互いに持てる

関係でビジネスを行い、

成長し続けること

 

Twitter

⇒ https://twitter.com/BCsuginami

 

facebook

⇒ https://tinyurl.com/ybbjmlnw

 

LINE

⇒ https://bit.ly/2DqusjF

 

LINE ID

⇒ @rah1010r

(LINEでID検索すると出てきます)

 

メルマガ

⇒ https://tinyurl.com/y7duvucg

 

このブログでは、

ビジネスにおいて販売者と購買者の

情報格差が大きく、

有益な情報を欲していてお困りの方に

役に立つ情報をお伝えしています。

 

 

>人気ブログランキング