予実管理の効率化・高度化実践ブログ

もっと業績管理業務の生産性を上げたい人のためのリアルなノウハウ

SFAでは予実管理できない理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業績管理業務の生産性を上げるためのブログ

世界Top10の販売実績に基づくリアルな知恵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“杉並区のフリーランス”  - プロフィール

https://tinyurl.com/yafhbhjz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、“杉並区のフリーランス”です。

本日も、予実管理や予算管理に役立つ

情報についてお知らせいたします。

 

<本日の内容>

■■コラム  

SFAで予実管理ができない理由

■■編集後記 

海外実績は信じない

  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■コラム 

SFAで予実管理ができない理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

以前の記事で書くと宣言していたテーマです。

 

まずは、SFAの定義から。

 

SFAとは

Sales Force Automation

の略でIT屋さんたちの間では

営業支援システムを指します。

 

予実、という言葉で

検索すると結構引っかかるので

予実管理システムを販売していた

当時もたまにコンペ相手に

なったりしていました。

 

で、本題についてですが

お客様のRFI作成支援や、

お客様側の製品選定支援もして

いた当時の経験からいうと

以下の論点で予実管理が

出来ないと判断しました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SFAで予実管理ができない理由

 

(1)バージョン管理ができない

(2)予算や見通しでコスト管理ができない

(3)会計データと連携できない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細>

 

(1)バージョン管理ができない

 

SFAでは最新マスタしか

    持てないため、

 予算編成時の予算と下期の修正予算

 との比較などができない

 

→年間を通した目標と実績の差異理由

 が管理しづらい

 

 

(2)予算や見通しでコスト管理ができない

 

・案件毎の粗利は管理できても、

 本社費などの間接費の管理や

 実績コストとの紐づけなどが

 行えない

 

→利益の着地が読みづらい

 

(3)会計データと連携できない

 

・実績の仕訳データや元帳データにおいて、

 管理会計科目とのマッピングを簡単に

 行える仕組みやGUIが無い

 

→アドオンすれば可能かもしれないが、

 GUIでできないと、組織変更対応を

 ユーザが安定運営できない

 

従って、上記3つの理由から、

 

結論>

 

SFAは売上の見通し管理はできても、

業績管理はできない

 

と導きました。

 

ちなみに、

今回のテーマを記事化した意図は

予実管理の仕組み化を検討する際、

特に、営業部門と共同での検討が

必要な場合によくコンペや論点に

なるため、読者の方の余計な

RFP作成負荷を減らしたくまとめました。

(※SFA管理会計の領域整理です)

 

またこの情報は当時の情報となり、

IT製品は当たり前ですが進化します

ので、今は改善している可能性も

あることにご注意ください。

 

尚、ERPや単体会計システム、

連結会計システム、BIなどで

予実管理がしづらい理由もまとめ次第

記事化予定です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記 

海外実績は信じない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

予実管理製品以外の余談ですが、

当時販売を検討していた海外製品で、

 

アメリカ企業の時価総額Top500のうち

 ▲▲%が使っている」

 

というキャッチコピーのベンチャー製品

があり、

なぜベンチャーなのに大手へのシェアが

高いのか不思議で関係者に聞いて回った

ところ、実は

 

「トライアルサイトでダウンロードした際、

 所属会社記入が必須で、かつ、

 使用許諾でマーケティングに使うよ、

 と許可をもらったから」

 

だそうで、つまりは実利用シェアではない

ことが分かりました。

 

その会社はその後急成長したので、

今は実利用シェアをきちんと

提示しているのかもしれませんが

それからというもの、

 

「海外実績▲▲社!!」

 

と掲げている製品を見ても

だからなんだ?というスタンス

でいます。

 

だいいち、予実管理でいうと

いくら海外実績豊富でも、

個社の管理会計が実装されないと

意味が無いため、たとえば

 

IFRS要件しか対応出来ない」

 

と言われると日本では

困ってしまいますし。

 

 

(次回:予実管理システム化ニーズ…広告編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号も閲覧いただきありがとうございました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行人: 

世界Top10の販売実績を持つ

杉並区のフリーランス

https://tinyurl.com/yafhbhjz

 

ビジョンは、

信頼と尊敬をお互いに持てる

関係でビジネスを行い、

成長し続けること

 

Twitter

⇒ https://twitter.com/BCsuginami

 

facebook

⇒ https://tinyurl.com/ybbjmlnw

 

LINE

⇒ https://bit.ly/2DqusjF

 

LINE ID

⇒ @rah1010r

(LINEでID検索すると出てきます)

 

メルマガ

⇒ https://tinyurl.com/y7duvucg

 

このブログではビジネスにおいて、

販売者と購買者の情報格差が大きく、

有益な情報を欲していて

お困りの方に役に立つ

情報をお伝えしています。

 

 

>人気ブログランキング