予実管理の効率化・高度化実践ブログ

もっと業績管理業務の生産性を上げたい人のためのリアルなノウハウ

予算管理実施による負の影響

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業績管理業務の生産性を上げるためのブログ

世界TOP10のIT販売経験に基づく知恵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“杉並区のフリーランス” -プロフィール

https://tinyurl.com/yafhbhjz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、“杉並区のフリーランス”です。

本日も、予実管理や予算管理に役立つ

情報についてお知らせいたします。

 

<本日の内容>

 

■■コラム  

予算管理実施による負の影響

 

■■編集後記 

SFAの本活活用は難しい?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■コラム 

予算管理実施による負の影響

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

業績管理を仕組み化し、

運用することでこれまで数々の企業の

予測精度を上げた経験がありますが、

システムを入れるうんぬんの前に、

そもそも、なぜ、

予測の精度が悪くなるのか改めて

業務的な観点で研究しております。

 

今日は、その研究している際に

見つけた情報の中で面白かった、

予算管理を行うことで発生する負の

効果について紹介します。

 

少なくとも企業に勤めたことがある方で

あればどれかは当てはまるかと思います。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■予算管理実施による10の逆機能

 

 ※逆機能:マイナスの働きをもつこと

 

 

[1] 社内の摩擦

 

部下による低い目標設定を目的とした

社内交渉、

上司による高い目標設定を目的とした

部下へのプレシャー、

及びそれらの摩擦

 

[2] 取引先への不要な販売

 

売上・利益の年内計上を目的とした

(返品引受条件などの)

一時的な販路への押し込み

 

[3]顧客満足度の無視

 

顧客満足度は業績測定や報酬算定

対象には無い。

従って、自社製品の過剰な推奨、

売れ残り商品の割安販売などの

顧客満足度を無視した販売が発生

 

[4]部門の閉鎖化

 

最大の競争相手は企業外部ではなく、

企業内部の、リソースを確保する

部門である。

よって、良いアイデアなどを

社内に共有しない、といった

部門間やり取りの閉鎖化や、

部門内で本社意向とは異なる

リーダーのアクションなどが発生。

 

[5]過剰なリソース要求

 

上司はいつも部下からの資源配分

要求をカットしたいと考えている。

従って、部下は水増し要求をすれば、

高い確率で最終的に必要資源を

確保できることになる

 

[6]取得予算の無駄な使い切り

 

予算を使い残せば、

上司からなぜ使わない予算

を要求したのか責め立てられる

だけでなく、来季予算の削減に

つながるため

与えられた予算を全て消化する

慣習となる

 

[7]目標未達の原因分析に重きがおかれる

 

下級マネージャーが最初に覚えるスキル

の1つが、不利差異をうまく

言い抜けること。

自身でコントロールできない要因に

よる目標未達も当然あるが、

常に未達の要素を探すことや、

本当の不利差異の原因報告がなされない

方がより問題である。

 

[8]正確な予測情報の未提出

 

不利な情報開示は、

上司からの叱責を生むし、

逆に想定外の売上増加は

期中の目標値への追加要求を生む。

よって、正確な予測を報告しない

文化が定着する。

 

[9]不正会計の誘発

 

標数字の必ずの達成、

という過剰なプレッシャーから、

財務マネージャーは

過剰資源を貯め込み、

必要な時に実績に紛れこませる

など、一歩間違うと不正な

会計操作を働きかねない。

 

[10]リスクを取らない

 

リスクを冒すのは無駄だ、

という文化が定着。

なぜなら、

リスクをとり上手くいけば

上司は独断を責めるし、

失敗すれば職を失う危険が

待っているから。

 

("Beyond Budgeting" Jeremy Hope より)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Beyond Budgetingとは、日本訳で

「脱予算経営」という、

予算管理を行わない

経営手法提言の本です。

 

ちなみに、

日本で予算管理をしない企業なんて

あるのか?

と思う方も多いと思いますが、

私の知る限り上場企業で1社、

現場からのボトムアップ型予算管理を

行わない、超優良企業を知っています。

 

一方で、数万人企業のあるケースですが

予実管理、業績管理に事業部が年間の時間

のうち1/3、1日8時間とすると2.7時間

使っている企業もいましたが。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記 

SFAの本活活用は難しい?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日SFAの記事を書きました。

 

私自身は決してSFA否定派でなく、

むしろヘビーユーザとして使っていましたが

意外とSFAの本来の活用方法で利用している

企業に会ったことがなく、

逆に

 

・営業日報的にしか使ってない

・受発注管理システムですよね?

・現場が監視されたくないから、

 システムが定着せず、解約しちゃいました

 

など当時はちらほら聞いていた気がします。

 

営業活動をKPIをもって、定量的に、

有効活用しているリアルなケースは

今いるんでしょうか。

 

 

(次回:うさんくさいプリセールスをどう

    排除できるか)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号も閲覧いただきありがとうございました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行人: 

世界TOP10の販売経験を持つ

杉並区のフリーランス

https://tinyurl.com/yafhbhjz

 

ビジョンは、

信頼と尊敬をお互いに持てる

関係でビジネスを行い、

成長し続けること

 

Twitter

⇒ https://twitter.com/BCsuginami

 

facebook

⇒ https://tinyurl.com/ybbjmlnw

 

LINE

⇒ https://bit.ly/2DqusjF

 

LINE ID

⇒ @rah1010r

(LINEでID検索すると出てきます)

 

メルマガ

⇒ https://tinyurl.com/y7duvucg

 

このブログではビジネスにおいて

販売者と購買者の情報格差が大きく、

有益な情報を欲していてお困りの方に

役に立つ情報をお伝えしています。

  

>人気ブログランキング